写真展:語らい形式、「ニートや引きこもりの若者たちと」−−奈良 /奈良

◇17日、大阪の鈴木友宏さん
 就学も職業訓練もしていない「ニート」を経験し、
学童保育のスタッフとして働く大阪市平野区の鈴木友宏
さん(35)が17日、奈良市高御門町の奈良カフェ
「由庵」で、語らい形式の写真展を開く。自然や子ども
を撮った写真が多く、「ニート引きこもりの若者たち
と、心和むひとときを過ごしたい」と参加を呼びかけて
いる。

 鈴木さんは26歳の時、大阪の小学校に用務員として
就職したが、職場になじめず間もなく辞めた。34歳まで
の約8年間、ニート状態になり、昨年1月に大阪市の
若者就労支援団体のプログラムに参加。「悩んでいるのは
自分だけじゃない」と気付き、就職に前向きになれたと
いう。現在は小学生の学童保育の教室で、週5回、
子どもたちと向き合う。

 一方、写真は24歳のころから撮り始めた。植物や、
子どもたちの生き生きとした表情のものが多く、当日は
約30点を展示する。午後3時から自分の体験や写真の
解説などをし、午後5時から参加者と交流する「なべ会」
を開く。定員20人で、ニート引きこもりに関心の
ある人も歓迎。会費1500円(ドリンク別)。

問い合わせはNPO法人青少年自立支援センター
「ブルーム」(050・1272・6918)へ。
【石田奈津子】


毎日新聞 3月13日より



【メールサポート有】90日で120万稼げなかったら20万プレゼント保障!ニートで、貧乏、コネなし、資金ゼロのPC初心者が在宅ワークで月収120万!メールを送ることすら出来なかった主婦でもできた!

詳細はこちらからどうぞ


ニート、引きこもりをニッチに応援しましょう。
blogRanking.gif
人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。