ニート、引きこもり…悩める若者 支援活動をドラマ化

NHK大阪・2話構成「スロースタート

NHKは、大阪放送局制作の2話構成のドラマ「スロース
タート」を今月27日と来月3日、いずれも午後9時から
放送する。ニート引きこもりの若者たちを、社会生活に
呼び戻す活動を続けるNPO法人の奮闘を描く、硬派の
作品だ。(旗本浩二)

 仕事をせず、教育も職業訓練も受けていない若者を
意味するのが「ニート」。一昨年の労働経済白書では
約64万人を“若年無業者”とし、事実上のニート
見ている。一方、自宅に閉じこもったままの「引きこもり
は実態把握が困難だが、100万人とも200万人とも
言われている。

 こうした人々を支援する実在の団体の活動を描いた
荒川龍原作「レンタルお姉さん」を原案に、勝田夏子
ディレクター、脚本の浅野有生子らが実際の活動を取材
してドラマ化した。

 前編は、引きこもりになった大学生(金井勇太)の
心を、NPO法人「スロースタート事務局」のスタッフ
未散(水野美紀)が開こうとする物語。後編では、ニート
化した元営業マン(萩原聖人)が、未散に働く理由を問う。

 勝田ディレクターらは、元引きこもりの若者たちが
集まるパーティーに参加して、実体験を聞き出した。
だが、今も引きこもりを続ける人にはなかなか会えない。
勝田ディレクターが忘れられないのは、部屋から出てこよう
としなかった25歳の男性と偶然、玄関先で鉢合わせして
しまった時のこと。「10年以上外出せず、能面のように
表情が消えていた。病気ではないが、感情がなく、何かが
彼の中で死んでいた」

 遠藤理史チーフプロデューサーは「訪ねて行って本人と
話をするだけでも効果がある」と力説する。それは、ドラマ
の中でスロースタート事務局代表(近藤正臣)が、未散に
語りかける「一歩進んで二歩下がったとしても、動いてる
のは三歩や。要は動くことが大切なんと違うか?」との
せりふにも表れている。

 主人公の未散を演じた水野自身、これまでニート
引きこもりの人々を、「怠けたり、すねをかじって親に
迷惑をかけたりするダメな人たち」という風に見ていたと
打ち明ける。劇中にある「ほっといたらええ」という同僚
のせりふと同じように、突き放した見方だった。だが、
ドラマに出演して「わざと引きこもっている人はいない」
と思えるようになったという。

 取材を通じて、「一度の失敗を一生の不覚のように断じ、
やり直すことに寛容でないこの国の何かがおかしい」と
痛感した勝田ディレクター。「自分と違う相手を排除する
のでなく、相手の存在を認め、言い分を分かろうとする
ことが大切」と訴える。

 ニート引きこもりの人だけでなく、人間関係に悩む
すべての現代人にヒントとなりそうなドラマだ。


読売新聞 2007年1月11日より



【メールサポート有】90日で120万稼げなかったら20万プレゼント保障!ニートで、貧乏、コネなし、資金ゼロのPC初心者が在宅ワークで月収120万!メールを送ることすら出来なかった主婦でもできた!

詳細はこちらからどうぞ


ニート、引きこもりをニッチに応援しましょう。
blogRanking.gif
人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。