ニート2万人増の64万人に 高年齢化の傾向<青少年白書>

小渕優子少子化担当相は3日午前の閣議で09年版青少年白書を報告した。
仕事も職業訓練もしていない若者(ニート)が、08年は前年比2万人増の
64万人となった。中学、高校時代に不登校だったり中退した人がニート
なる傾向が強いことも判明した。 白書は「さまざまな支援が必要とされて
いるにもかかわらず(現在の支援が)ニート状態からの脱却に必ずしもつな
がっていない」と施策見直しの必要性に言及した。

 ニートの年齢別内訳は、15〜24歳(低年齢層)が26万人、25〜34歳
(高年齢層)が38万人。 総数は02年以降、62万〜64万人で推移して
いるが、低年齢層は02年比で3万人減ったのに対し高年齢層は3万人増え、
いったんニートとなった人が社会復帰できず高年齢化している現状がうか
がえる。

 今回は不登校中退した人の調査を初めて実施。今年2〜3月、04年
度に高校を中退した人1595人(回答168人)と、中学で不登校だった人
480人(同109人)を対象とした。現在ニート状態にある人は高校中退
の20.8%(同年代平均5.9%)、中学不登校者の16.5%(同2.3%)
と、いずれも同年代平均を大きく上回った。

 白書は「学校段階でのつまずきが、ニートへつながっている」と分析して
いる。 


by 横田愛
毎日新聞 2009.07.03より
ニート、引きこもりをニッチに応援しましょう。
blogRanking.gif
人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。